馬場ふみか #01『今までにないイメージ』

映画『リベンジgirl』のオファーを受けた時の気持ちを教えてください。

今までにないイメージを求められたのは嬉しかったですね。そのぶんプレッシャーもありました。
桐谷美玲さんたち先輩方とご一緒できることも、とても嬉しかったです。

現場の雰囲気はどうでしたか?

桐谷さんも鈴木さんも私も、みんなそれぞれマイペースにのんびり過ごしていました。とてもゆったりした空気でリラックスしていました。そのぶん、撮影が始まったら一瞬で空気が引き締って、オンとオフのメリハリが素敵な現場でした。
撮影中にちょうど私が表紙の雑誌が発売されたんですけど、桐谷さんに見てもらえて「とっても素敵だね」と言ってもらえました!本当に嬉しかったです!
監督はいつも笑って、ずっと楽しそうにされてましたね。役の相談もしやすかったです。

今回、万里子を演じるにあたって気をつけたことは何ですか。

今まで私が演じてきた役とは違う新しいキャラクターだったので、どうしようか色々と考えました。監督とも色々と話し合いましたね。
身振り手振りも多かったです。アナウンサー時期の決めポーズが印象に残っています。すごく緊張したので、できればリベンジしたいですけど…(笑)。

※次回は12月13日更新予定です。


映画『リベンジgirl』 http://www.revengegirl-movie.jp/
東大首席卒業、ミスキャンパス・グランプリ。性格以外は超完璧(パーフェクト)な宝石美輝(桐谷美玲)が、政治家一家の御曹司(サラブレッド)・裕雅(清原翔)にまさかの失恋。
彼女が決めた恋の“リベンジ”は、「総理大臣になる」こと。しかしひょんなことから秘書を務めることになった俊也(鈴木伸之)の厳しいレッスンを受けるうち、彼女のなかに別の気持ちが生まれていく。
政治なんて興味なかったはずなのに。わたしは完璧だったはずなのに。大キライだったはずなのに。美輝の選挙の行方は?そしてリベンジから始まった新しい恋の行方は?
馬場ふみかさんは美輝の出馬を手伝う仲手川万里子役で出演。

馬場ふみか プロフィール
1995年6月21日 新潟県出身。2014年映画『パズル』にてデビュー。その後、「仮面ライダードライブ」(14、15)にて悪役ヒロインに抜擢される。
女優以外でも雑誌「non-no」専属モデルとしても活躍中。
主な出演作としてテレビドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ救命救急-」(17/CX)、「お前はまだグンマを知らない」(17/NTV)、『黒い衝動』(16)などがある。

撮影:大村祐里子