川栄李奈 #01『表現の匙加減』

映画『嘘を愛する女』の台本を初めて読んだ感想はいかがでしたか?

今回は端的にいうと“ゴスロリファッションのストーカー”だったので、とてもインパクトがある役だな、と思いました(笑)。
撮影前に監督にお会いして、台詞を何度か読み合わせをしました。この心葉という役が作品の1つのポイントになればいいなと。
今作は監督が各キャラクターに細かく設定を考えられていて、心葉にも空手を習ってるとか、どういう大学生で…といった設定がありました。

心葉役の手応えはどうですか。

ストーカーの役で、そういうシーンの時はずっとドキドキしていました。
見つかったらどうしようとか、バレた時のこととか…。その反面、普段はできないことだらけだったので、楽しかったです(笑)。

苦労したところはありますか?

心葉は個性的な子なので、その個性を表現するのが中々難しかったですね。
自分で感じるよりもっと変わった感じに演じないとOKがでなくて…
自分のアイデアをベースに、監督に演出してもらって心葉を演じました。基本的には自由に演じさせてもらって、そこに監督がこだわりを色付けていくという感じですね。

※次回は1月17日更新予定です。


映画『嘘を愛する女』 http://usoai.jp/
大手企業に勤める由加利(長澤まさみ)は、恋人の小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日突然、桔平が倒れたことをきっかけに、彼の名前、職業など全てが「嘘」だったことが分かる。由加利は、彼の秘密を追うために、私立探偵の海原(吉田鋼太郎)とその助手・木村(DAIGO)の手を借りることに。調査中、謎の女子大生・心葉(川栄李奈)も現れて―。彼女は、眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。
1月20日(土)全国ロードショー
監督:中江和仁/脚本:中江和仁 近藤希実/音楽:富貴晴美  
出演:長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈 黒木瞳 吉田鋼太郎

川栄李奈 プロフィール
1995年生まれ、神奈川県出身。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)、ドラマ「フランケンシュタインの恋」(17年)、「僕たちがやりました」(17年)など、話題のドラマにも出演し、実力派若手女優として注目を集めている。
近年の出演作に、『デスノート Light up the NEW world』(16年)、『亜人』(17年)、『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』(18年公開予定)、『恋のしずく』(18年公開予定)など。

◎ドレス /TADASHI SHOJI

ヘアメイク:信沢hitoshi
スタイリスト:岩田麻希
撮影:大村祐里子