元木聖也 後編『世界的な作品への責任』

超体感ステージ『キャプテン翼』主演おめでとうございます!お話をもらった時の率直な気持ちを教えてください。

ありがとうございます!まずお話を頂いた時は、ゾクッとしましたね。とても大きな責任を感じました。
キャプテン翼って世界中で読まれているとてつもない作品なので、それが舞台化され、その主演が自分。すごいことです、本当に。

元木さんは運動神経抜群なイメージがありますが、サッカーは得意ですか?

サッカーは小さい頃にやってたくらいなんです。スポーツは大体コツみたいなものはわかるんですけど、球技や道具を使うスポーツはちょっと勝手が違いますね。その道具に慣れるためにどれくらい触れている時間が長いか大事だなと思います。

舞台への意気込みを教えてください。

翼くんの代名詞でもあるオーバーヘッドキックなど、いかに自然に、かつダイナミックに魅せられるか、今から緊張しつつも楽しみで仕方がないですね。
世界中で活躍されている蛯名さんの演出ですから、そこも楽しみにしていただきたいです。今までの舞台とは一線を画すような世界を見せてくださるはず!
世界中の方々が読まれた作品なので、普段はあまり舞台を観ない方も、キャプテン翼を知っているならば是非観て体感していただきたいです。

※次回は6月26日更新予定です。

■元木聖也
ミュージカル『テニスの王子様 青学vs聖ルドルフ 山吹』に山吹中学のエース「千石」役で出演し、一躍人気者に。その後、映画「麒麟の翼」、舞台「タンブリング vol.4」など様々な作品に出演。2016年にはライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」ワールドツアーで主演うずまきナルト役を務める。また、「おとうさんといっしょ」(NHK-BSプレミアム)に遊び大好きなお兄さん”せいやくん”として活動し、ファミリー層からの指示も受ける。

■超体感ステージ『キャプテン翼』 http://captain-tsubasa-stage.com/
1981年より「週間情念ジャンプ」にて連載され、日本にとどまらず世界中のプロサッカー選手に影響を与えた高橋陽一氏の同名サッカー漫画が原作の本舞台。「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼の活躍と成長を描く。演劇界では初となる最先端技術を導入し、これまでにない五感で楽しめる舞台が作り上げられる。公園は8月18日(金)から9月3日(日)まで、東京・Zeppブルーシアター六本木にて。

撮影:大村祐里子